小野小町: 小町堂(芍薬塚)

  小野小町(ホーム)>小町堂(芍薬塚)
小町堂(芍薬塚)

小町堂(芍薬塚)
小町堂(芍薬塚)
小町堂(芍薬塚) 小町堂(芍薬塚) 小町堂(芍薬塚)
〜小町堂(芍薬塚):解説〜
解説: 案内板によると
 「 小野小町は大同4年、出羽国福富の荘(雄勝町小野字桐の木田)に生まれました。幼い頃から美しく13歳の頃京にのぼりその後20数年程京中に宮つかえしました。その容姿の美しさや才能の優れていることなど、数多くの女官中ならぶ者がいないと言われ、時の帝から寵愛を受けました。しかし小町36歳にして、故郷恋しさのあまり生地小野のに戻り、庵をつくり歌に明け歌に暮しておりました。・・(中略)小町に想いを寄せていた深草少将は急ぎ東下をし、長鮮寺に仮の住まいを求めました。そして百夜通いの逸話を残し九十九日目の夜、降り続いた雨の中森子川にかかった橋とともに流されて亡くなってしまうのです。これを聞いた小町は嘆き悲しみ少将の亡骸を森子山(二ツ森)に葬りました。その後小町は、岩屋堂に住み世を避け香をたきながら1人自像を刻み、92歳で生涯を閉じました。「小町まつり」は、毎年芍薬の花香る、6月第2日曜日に、七小町による和歌朗詠、稚児行列などが盛大に行われています。  雄勝町」 とあります。
〜小町堂(芍薬塚):一口メモ〜
一口メモ: 芍薬塚は深草少将が小野小町に送った芍薬を植えた場所と云われています。現在ではその面影はなく、後年小町堂が建てられました。その建物も古くなり、最近建てられたの現在の小町堂です。
[ 付近地図: 秋田県湯沢市小野 ]・[ 全国小野小町マップ ]
小野小町マップ

 


 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「秋田県WEB観光案内所」は「秋田の歴史」、「羽州街道をゆく」、「秋田市歴史地図」、「あきた滝300」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「秋田のお寺」、「秋田の神社と神々」、「歴史道路報告書」、「佐竹氏と久保田城」、「秋田の温泉」、「有限会社建築相談センター」、「たった1人の秋田まちづくり委員会」、「秋田羽州街道ひとり旅」、「秋田県の建築と街並み」、「小野小町」、「秋田フィールドワーク」を参考にさせていただいています。
inserted by FC2 system